松皮(読み)マツカワ

大辞林 第三版の解説

まつかわ【松皮】

松の木の樹皮。
「松皮疱瘡ぼうそう」の略。
「松皮菱びし」の略。 「右巴は小山の判官、-は小笠原/謡曲・調伏曽我」
カレイ目の海魚。全長50センチメートル 内外。有眼側は暗灰色、無眼側は雄は橙黄色、雌は白色で、背びれ・尻びれ・尾びれに黒色の縞がある。食用。茨城沖以北に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつ‐かわ ‥かは【松皮】

〘名〙
① 松の樹皮
※定家鷹三百首(1539)冬「狩人の恐ろしげにも見えつるはふるき松かはしつるははきに」
③ 「まつかわびし(松皮菱)①」の略。
※延慶本平家(1309‐10)一本「松の狩衣の下紫絲威の腹巻着て」
④ 「まつかわびし(松皮菱)②」の略。
謡曲・調伏曾我(1480頃)「右巴は小山の判官、松皮は小笠原」
※談義本・八景聞取法問(1754)一「外郎松皮(マツカハ)の類自今急度相止」
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)三「手もあがる子の松川に筆選み」
⑦ カレイ目カレイ科の海産魚。全長約七〇センチメートル。眼は体の右側にある。有眼側は暗褐色で斑紋があり、無眼側は雌では白く、雄では橙黄色。ひれに黒色の縞がある。美味。千島から茨城沖、日本海北部などに分布。大陸棚の砂泥底に生息する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松皮の関連情報