コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝明 いたくら かつあき

2件 の用語解説(板倉勝明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝明 いたくら-かつあき

1809-1857 江戸時代後期の大名。
文化6年11月11日生まれ。板倉勝尚(かつなお)の子。文政3年上野(こうずけ)(群馬県)安中藩主板倉家第2次5代となる。天保(てんぽう)14年奏者番。学問を奨励して郷学(ごうがく)桃渓(とうけい)書院を設立,「甘雨亭叢書(そうしょ)」を編集した。遠足(とおあし)をはじめて実施,西洋砲術を導入,植林・殖産にもつとめた。安政4年4月10日死去。49歳。号は節山。名は「かつあきら」ともよむ。著作に「西征紀行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉勝明
いたくらかつあきら
(1809―1857)

上野(こうずけ)国(群馬県)安中(あんなか)藩主。幼名鶴五郎(つるごろう)、百助、字(あざな)は子赫(しかく)、甘雨(かんう)または節山人と号した。1820年(文政3)襲封、従(じゅ)五位下、伊予守(いよのかみ)。生来学問を好み、父勝尚(かつなお)が創立した藩校造士館に山田三川(さんせん)ら学者を招き、また高島流砲術を導入して洋式調練にも力を入れ、心身鍛練のため遠足(とおあし)を奨励するなど文武を振興した。55年(安政2)には庶民の郷学桃渓(とうけい)書院を創設、さらに新井白石(あらいはくせき)ら先儒の未刊書を集めて「甘雨亭叢書(そうしょ)」を刊行、自ら大坂加番中の『西征紀行』『東遠紀行』を著した。また、領内人口の確保を目的として「御領分退転農家取立仕法」を制定するほか、桐(きり)、漆(うるし)、杉などの植林を実施するなど、藩政の再建を図り明君といわれた。菩提寺(ぼだいじ)は愛知県西尾市長円寺。[山田武麿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

板倉勝明の関連キーワード藩学一覧大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]島津斉彬北欧美術接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板倉勝明の関連情報