コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林兼産業 はやしかねさんぎょう

2件 の用語解説(林兼産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林兼産業
はやしかねさんぎょう

食肉加工メーカー1941年に山口県合同缶詰として設立。 50年大洋漁業資本参加により日新缶詰に変更。 55年林兼産業吸収合併し同社名に変更。 1960年代以降,飼料工場,種鶏場,養豚試験場を次々と建設し,飼料の生産から食肉加工までを一貫して行い,数多くの独自ブランドをもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

林兼産業

正式社名「林兼産業株式会社」。英文社名「Hayashikane Sangyo Co., Ltd.」。食料品製造業。昭和16年(1941)「山口県合同缶詰株式会社」設立。同22年(1947)「山口県缶詰株式会社」に改称。同25年(1950)「日新缶詰株式会社」に改称。同30年(1955)現在の社名に変更。本社は山口県下関市大和町。食肉・水産物加工会社。豚肉など畜産物を主原料とする食肉加工品を製造。マルハニチロ食品向け魚肉練り製品配合飼料なども手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード2286。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林兼産業の関連キーワードイビデン産業マツモト産業今井産業旭陽産業丸美産業岩谷瓦斯小泉産業原田産業古河産業日軽産業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林兼産業の関連情報