コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林春益 はやし しゅんえき

1件 の用語解説(林春益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林春益 はやし-しゅんえき

1671-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文11年生まれ。林晋軒の養子。将軍徳川綱吉に「詩経」を講じ,小姓,近習番をへて幕府儒官となる。将軍徳川吉宗に「中庸」を,湯島聖堂では「書経」を講じた。享保(きょうほう)19年9月15日死去。64歳。本姓は高麗。名は信明,信如。通称は源次郎,又右衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林春益の関連キーワードカンプハイス入江若水平敷屋朝敏ブルボン朝イアペトゥスオペラ座栗山潜鋒呉偉業即非如一伊達騒動

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone