林業補助金(読み)りんぎょうほじょきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「林業補助金」の解説

林業補助金
りんぎょうほじょきん

自治体その他の林業施策を助成するために国が交付する補助金。対象のおもなものは造林林道治山事業 (山地治山施設,海岸砂地造林,災害防止林造成など) ,林業試験研究費,林業技術普及事業,森林計画実行費,保安林事務費などで,都道府県の実行するもの,民間団体の実行するもの,個人の実行するものを含むが,都道府県に対するものは委任行政費に対する交付金ともいうべきもので,狭義には個人または民間団体に対する補助をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「林業補助金」の解説

りんぎょうほじょきん【林業補助金】

林業生産の長期性と森林の公益的機能の重要性とにもとづき交付される補助金。これには,公益的な目的を果たすための事業に対する公共事業補助金と,産業振興など政策目標を達成するための指導奨励,計画の樹立などに対する非公共事業補助金とがある。林業補助金の大部分を占める公共事業補助には以下のものがある。(1)造林補助金 植林してから数十年後にしか生産を期待できないという林業の長期性の不利を補うことが目的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android