コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居耀蔵 とりいようぞう

8件 の用語解説(鳥居耀蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥居耀蔵
とりいようぞう

[生]?
[没]1874.10.3. 静岡
江戸時代末期の幕臣。林述斎の次男。のち旗本鳥居一学の養子。諱は忠耀 (ただてる) 。号は胖庵。任官して甲斐守と称した。天保9 (1838) 年目付として大塩平八郎の乱を処理し,同 10年蛮社の獄取締りによって老中水野忠邦に認められ,同 12年 12月江戸町奉行に抜擢された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とりい‐ようぞう〔とりゐエウザウ〕【鳥居耀蔵】

[1796~1873]江戸後期の幕臣。林述斎の子。名は忠耀(ただてる)。旗本鳥居家の養子。目付になり蛮社の獄で洋学者を弾圧。町奉行として天保の改革を推進。のち、失脚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳥居耀蔵【とりいようぞう】

幕末の幕臣。大学頭林述斎の子。名は忠耀(ただてる)。甲斐守を名乗る。旗本鳥居家の養子となる。目付として蛮社の獄で洋学を弾圧,老中水野忠邦の信任を得る。1841年町奉行となり天保改革を推進,厳しい市中取締りは江戸町人から妖怪(耀甲斐)と恐れられ,また反感を買った。
→関連項目高島秋帆遠山金四郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居耀蔵 とりい-ようぞう

1796-1873 江戸時代後期の武士。
寛政8年11月24日生まれ。林述斎の子。旗本鳥居一学の養子。幕臣。甲斐守(かいのかみ)。天保(てんぽう)10年目付として蛮社の獄で洋学者を弾圧。12年江戸南町奉行となり,水野忠邦の片腕として天保の改革を推進。きびしい取り締まりで「妖怪(ようかい)(耀甲斐)」とおそれられた。15年失脚,讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩にあずけられた。明治6年10月3日死去。78歳。名は忠耀(ただてる)。号は胖庵。
【格言など】澄清,暑さ堪え難し(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥居耀蔵

没年:明治6.10.3(1873)
生年:寛政8.11.24(1796.12.22)
江戸後期の幕臣。のちに甲斐守忠耀と称した。江戸幕府の儒学の家である林家を再興した林述斎の第7子。母は側室前原八耀。文政3(1820)年,25歳のとき旗本鳥居家(7500石)の養子となり同家を継ぐ。儒学の素養が深く,詩文にひいでた。同6年2月初めに幕府に出仕して中奥番となり,のち徒頭,西丸目付,本丸目付と累進。天保10(1839)年江戸防衛のための江戸湾調査の正使を命ぜられ,副使の江川英竜(太郎左衛門)と共に現地を回った。このとき江川の部下の洋式測量技術に接して「夷狄の学」の侵入に警戒の念を抱き,洋学弾圧の必要を決意した。老中の水野忠邦が進めていた天保の改革の中心テーマのひとつに「復古と士道作興」があったが,耀蔵が摘発した「蛮社の獄」はまさに改革の趣旨に合うものとして忠邦に認められ,以後忠邦の腹心となって改革に参加していった。 天保12年12月,江戸南町奉行矢部定謙の失脚を図ってその後任となり,いよいよ忠邦の参謀筆頭として改革の厳格実行にはげみ,幕府内では「妖怪(耀甲斐)」と恐れられ,庶民からは生活弾圧者として憎まれた。忠邦失脚後の弘化1(1844)年9月町奉行を解任され,翌年は罪人として裁かれて讃岐丸亀の京極家にお預けの重刑を受けた。以後23年間囚人として同地に拘禁され,明治1(1868)年11月にようやく解放されて東京に帰る。洋化に走る東京をみて,30年前のわが予言どおりではないかと傲語し,死に至るまで攘夷思想で一貫していた。<参考文献>日本史籍協会『匏庵遺稿』1・2巻,鳥居正博『鳥居甲斐晩年日録』,川崎三郎『幕末三俊』

(松岡英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりいようぞう【鳥居耀蔵】

1796‐1874(寛政8‐明治7)
江戸末期の幕臣。大学頭林述斎の三男,のち旗本鳥居一学の養子となる。名は忠耀。甲斐守。2500石。1837年(天保8)目付,41年町奉行,43年勘定奉行兼任となる。この間,1839年には江戸湾防備のため伊豆・相模・房総沿岸の巡視を伊豆韮山代官江川太郎左衛門とともに命じられる。翌40年には蛮社の獄で洋学者を弾圧,高島秋帆西洋砲術採用策を批判し,町奉行在職中は厳しい江戸市中の取締りを断行して,江戸町人から甲斐守忠耀をもじって妖怪(耀甲斐)と恐れられ,かつ反感の的となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とりいようぞう【鳥居耀蔵】

1815~1874) 江戸後期の幕臣。林述斎の次男。蛮社の獄で洋学者を弾圧。町奉行となり厳しい取り締まりを行い耀甲斐(=妖怪)と恐れられた。天保の改革に活躍したが、水野忠邦と対立、丸亀藩預けとなった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥居耀蔵
とりいようぞう
(?―1874)

江戸時代、天保(てんぽう)の改革期の幕臣。名は忠耀(ただてる)。幕府儒官林衡(たいら)(述斎)の次男。2500石取の旗本鳥居一学の養子となる。幕府目付(めつけ)役となったのち、1841年(天保12)御勝手(おかって)取締掛を兼任、同年12月矢部駿河守定謙(するがのかみさだのり)のあと江戸南町奉行(みなみまちぶぎょう)に就任、甲斐(かい)守となる。水野忠邦(ただくに)の側近で、渋川六蔵(ろくぞう)、後藤三右衛門(さんえもん)とともに「水野の三羽烏(さんばがらす)」と称された。江戸庶民には「妖怪(ようかい)」(耀甲斐(ようかい))と恐れられるほどの強権政治を行ったが、目付として大塩平八郎の乱(1837)の事後処理にあたった経験がそうさせたともいわれる。39年江川英龍(ひでたつ)との対立、渡辺崋山(かざん)らを告発し処罰に追い込んだ「蛮社(ばんしゃ)の獄」や43年高島秋帆(しゅうはん)の下獄など開明派を弾圧し、内外の危機への回避策を幕府専権で守旧派の立場から推し進めようとした。上知(あげち)令では最後に反対派に回り水野と対立、失脚した水野の老中への再登場で罷免される。45年(弘化2)水野再辞任、その処罰の翌日、讃岐(さぬき)国(香川県)丸亀(まるがめ)藩主預けとなり、同年10月に禁固の処罰が下された。明治維新で放免。[浅見 隆]
『佐藤昌介著『洋学史研究序説』(1964・岩波書店) ▽北島正元著『水野忠邦』(1969・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳥居耀蔵の言及

【印旛沼】より

…千葉県北部,印旛郡のほぼ中央,利根川下流にある沼。かつての沼の形はW字形で,周囲47km,面積20km2,最深所2m,両総台地の水を集める鹿島川と神崎川が沼に流入し,長門川から利根川に排水していた。かつては利根川の増水とともに逆流し,沼の周辺はしばしば水害に襲われた。長門川がつくった逆デルタは有名な地形である。近世の3回の干拓計画はいずれも失敗したが,1946年農業用地造成を目的とする国営の干拓事業が開始され,63‐69年水資源公団によって大改造が行われた結果,沼の面積と形態が大きく変わった。…

【天保改革】より

…なかでも奢侈の抑制は微細にわたり,江戸の町触(まちぶれ)において,女髪結(おんなかみゆい)の禁止,高価な櫛・笄(こうがい)・きせるの売買禁止,早作り野菜やぜいたくな料理の販売禁止など,町人の日常生活を厳しく規制するほか,芝居小屋を郊外に移転させたり寄席を閉鎖するなど,風俗匡正に名をかりて庶民の娯楽にも制限を加えた。江戸の町奉行に抜擢(ばつてき)された鳥居耀蔵(ようぞう)は,市中に隠密を放って違反者の摘発に努め,禁を犯した者には厳罰で臨んだため,市中は火の消えたようになった。 飢饉以来騰貴を続けた物価を引き下げることは改革の重要課題であった。…

【蛮社の獄】より

… 崋山の蘭学が経世的性格をもつ以上,漢学との衝突は不可避であり,したがって幕府の文教をつかさどる林家一門の恨みを買うのは当然のなりゆきであった。なかでも崋山とその同志を敵視したのは,林述斎の次男鳥居耀蔵であった。鳥居は当時目付の職にあり,幕臣の監察にあたっていただけに,江川・羽倉らの幕臣が崋山と接近することを知って,しだいに警戒心を強めていった。…

※「鳥居耀蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥居耀蔵の関連キーワード梅田年風梅廼門真門多賀谷向陵等明渡辺寿松本龍澤小堀宗中葛子琴賀茂流岳亭春信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥居耀蔵の関連情報