コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林清節 リンセイブシ

2件 の用語解説(林清節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんせい‐ぶし【林清節】

歌念仏の一派。寛文~元禄(1661~1704)ごろに京都で活躍した日暮(ひぐらし)林清が創始。浄瑠璃各派の曲節にも取り入れられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りんせいぶし【林清節】

説教浄瑠璃の一。寛文・元禄年間(1661~1704)に活躍した京都の歌念仏の名手日暮ひぐらし林清が創始したもの。その曲節は義太夫節にも取り入れられている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

林清節の関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone