コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野豊山 ながの ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野豊山 ながの-ほうざん

1783-1837 江戸時代後期の儒者。
天明3年7月28日生まれ。大坂で中井竹山(ちくざん),江戸昌平黌(しょうへいこう)で古賀精里,尾藤二洲(じしゅう)らにまなぶ。文化10年伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩の藩校教倫堂学頭となる。のち上野(こうずけ)前橋藩の藩校博喩堂(はくゆどう)教授。天保(てんぽう)8年8月22日死去。55歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は確。字(あざな)は孟確。通称は友太郎。著作に「松陰快談」「嘉声軒文約」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

長野豊山 (ながのほうざん)

生年月日:1783年7月28日
江戸時代後期の儒者
1837年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

長野豊山の関連キーワード藤森弘庵生年月日木下順庵保岡嶺南遠山雲如久永松陵林鶴梁儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android