コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝を連ぬ えだをつらぬ

大辞林 第三版の解説

えだをつらぬ【枝を連ぬ】

〔「連枝」の訓読みから〕
兄弟の仲が親密であること。また、仲がよいことのたとえ。 「頼朝も、ついには靡く、青柳の-・ぬる御契り/謡曲・船弁慶」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

枝を連ぬの関連キーワード連ねる・列ねる羽を交わす船弁慶連枝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android