コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝を連ぬ えだをつらぬ

大辞林 第三版の解説

えだをつらぬ【枝を連ぬ】

〔「連枝」の訓読みから〕
兄弟の仲が親密であること。また、仲がよいことのたとえ。 「頼朝も、ついには靡く、青柳の-・ぬる御契り/謡曲・船弁慶」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枝を連ぬの関連キーワード連ねる・列ねる羽を交わす船弁慶連枝

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android