コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢翁妙環 すうおう みょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

枢翁妙環 すうおう-みょうかん

1273-1354 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永10年生まれ。臨済(りんざい)宗。下野(しもつけ)(栃木県)雲巌寺の高峰顕日(こうほう-けんにち)に師事しその法をつぐ。鎌倉建長寺,円覚寺住持となる。文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年2月18日死去。82歳。下野出身。諡号(しごう)は仏寿禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

枢翁妙環の関連キーワード南北朝時代大綱帰整妙環

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android