コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏原孫左衛門(4代) かしわばら・まござえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

柏原孫左衛門(4代)

没年:享保14.7.16(1729.8.10)
生年:延宝6(1678)
江戸中期の木綿問屋。号は光忠。屋号は柏屋。柏原家3代当主助右衛門の弟として京都に生まれ,兄の没後42歳で家督を継ぐ。初代三右衛門が創業した江戸店持京商人(本店を京都におき江戸店を通じて商品を売りさばく)としての商家経営を担い,特にこの時期,木綿を多く扱った。妻りよ(栄長)は京都の初期豪商那波家の出であり,この婚姻は柏原家の家格の上昇に資するところがあったという。光忠没後,りよは養子三右衛門の後見者として店務をみるようになり,宝暦12(1762)年,70歳で没するまで発展期の柏原家の経営を支えた。<参考文献>林玲子『江戸問屋仲間の研究』,同「京都町家女性の存在形態」(近世女性史研究会編『論集 近世女性史』)

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

柏原孫左衛門(4代)の関連キーワード石田梅岩竹内式部日本の医学史(年表)小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナオールドサウス集会場小野蘭山軍機処経済録

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android