コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏梁体 ハクリョウタイ

デジタル大辞泉の解説

はくりょう‐たい〔ハクリヤウ‐〕【××梁体】

漢詩の一体。1句七言の連句で、毎句脚韻をふむのを特徴とする古詩。漢の武帝柏梁台を築いた時、群臣に作らせた詩体に由来するといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくりょうたい【柏梁体 Bǎi liáng tǐ】

中国の詩の一体。聯句の一種で,各人が七言1句ずつを分担し,句ごとに押韻する。漢の武帝の柏梁台が落成したとき,帝が群臣を集めて作らせた〈柏梁台聯句〉に始まる。最古の聯句であるが,明末・清初の顧炎武が《日知録》で偽作説を主張して以来,その信憑性を疑うむきが多くなった。しかし,押韻法は漢代の音韻体系に合致しており,かりに武帝の時期の作ではないとしても,前漢の作である可能性は消えていない。【興膳 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はくりょうたい【柏梁体】

漢詩の一体。各句に韻を踏む、七言聯句れんく。漢の武帝が柏梁台の落成のとき、群臣に作らせたのが最初というが、後人の偽作とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柏梁体の言及

【聯句】より

…ひとり1句の場合は,中国の旧体詩の原則たる偶数句ごとの押韻とは異なり,各句はすべて韻をふむ。前2世紀,漢の武帝の時の作という〈柏梁台(はくりようだい)聯句〉が最古と伝えられ,これがひとり1句の形式だったので〈柏梁体〉と呼ばれるが,唐の韓愈(かんゆ)らの作品のほうが文学的価値は高い。【荒井 健】。…

※「柏梁体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柏梁体の関連キーワード漢詩後人