コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核蛋白質 かくたんぱくしつnucleoprotein

翻訳|nucleoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核蛋白質
かくたんぱくしつ
nucleoprotein

核酸蛋白質複合体。核酸は酸性物質なので,複合体形成に参加する蛋白質は塩基性アミノ酸に富む。核内の核蛋白質はデオキシリボ核酸 DNAとヒストンあるいはプロタミンの複合体である。また細胞質中のリボソームリボ核酸 RNAと蛋白質の複合体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐たんぱくしつ【核×蛋白質】

核酸たんぱく質の複合体。核酸の種類により、デオキシリボ核たんぱく質、リボ核たんぱく質に大別され、たんぱく質は塩基性のものが多い。染色体リボゾーム、あるいはウイルス体の構成成分として存在。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくたんぱくしつ【核蛋白質】

核酸とタンパク質が結合した複合タンパク質の総称。染色体やリボソームを構成し、ある種のウイルスの構成物質でもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

核蛋白質の関連キーワード複合タンパク質江上 不二夫複合蛋白質染色質原形質

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android