核蛋白質(読み)かくたんぱくしつ(英語表記)nucleoprotein

翻訳|nucleoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核蛋白質
かくたんぱくしつ
nucleoprotein

核酸蛋白質複合体。核酸は酸性物質なので,複合体形成に参加する蛋白質は塩基性アミノ酸に富む。核内の核蛋白質はデオキシリボ核酸 DNAとヒストンあるいはプロタミンの複合体である。また細胞質中のリボソームリボ核酸 RNAと蛋白質の複合体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくたんぱくしつ【核蛋白質】

核酸とタンパク質が結合した複合タンパク質の総称。染色体やリボソームを構成し、ある種のウイルスの構成物質でもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android