コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱割(り) ハシラワリ

デジタル大辞泉の解説

はしら‐わり【柱割(り)】

建物を建てるとき、間隔配置寸法などを決めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

柱割【はしらわり】

民家において柱の中心)と真との間隔(1間)を常に一定の長さにとる平面計画畳割が京都を中心とするのに対し,柱は江戸を中心とする。基準の1間の長さは時代,地方により異なるが,1間6尺は江戸間と呼ばれて広範囲に用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

柱割(り)の関連キーワード建物

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android