コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳園種春 りゅうえん たねはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳園種春 りゅうえん-たねはる

1800-1871 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政12年9月12日生まれ。摂津今津(兵庫県)の人。大坂の懐徳堂儒学をまなぶ。文政のころ読み本・洒落(しゃれ)本の作者として活躍。元治(げんじ)元年伊予(いよ)(愛媛県)宇和島にうつり,塾をひらいた。明治4年2月3日死去。72歳。姓は小沢。字(あざな)は子敬,東陽。作品に「葦間月浪華一節(あしまのつきなにわのひとふし)」「色深猍睡夢(いろふかみそらねのゆめ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

柳園種春 (りゅうえんたねはる)

生年月日:1800年9月12日
江戸時代末期;明治時代の歌人
1871年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

柳園種春の関連キーワード明治時代生年月日戯作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android