コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳園種春 りゅうえん たねはる

1件 の用語解説(柳園種春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳園種春 りゅうえん-たねはる

1800-1871 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政12年9月12日生まれ。摂津今津(兵庫県)の人。大坂の懐徳堂で儒学をまなぶ。文政のころ読み本・洒落(しゃれ)本の作者として活躍。元治(げんじ)元年伊予(いよ)(愛媛県)宇和島にうつり,塾をひらいた。明治4年2月3日死去。72歳。姓は小沢。字(あざな)は子敬,東陽。作品に「葦間月浪華一節(あしまのつきなにわのひとふし)」「色深猍睡夢(いろふかみそらねのゆめ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳園種春の関連キーワード廃藩置県インド哲学モルトケ新教育高田藩北海道開拓定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone