コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳屋又七(初代) やなぎや またしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳屋又七(初代) やなぎや-またしち

?-1801 江戸時代中期-後期の殖産家。
安芸(あき)(広島県)の人。明和4年(1767)太田川河口の江波(えば)島で小笹をつかった竹ひびによる海苔(のり)養殖に成功。島全体にひろめ,広島海苔の名をたかめた。享和元年7月15日死去。2代目,3代目も養殖技術の改良,販路開拓につくした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳屋又七(初代)の関連キーワード安芸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android