コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳沢伯民 やなぎさわ はくみん

1件 の用語解説(柳沢伯民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢伯民 やなぎさわ-はくみん

1817-1845 江戸時代後期の儒者。
文化14年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。川北温山に師事。のち江戸にいき鶴峯戊申(つるみね-しげのぶ)らの文会「海鴎社」にはいり,昌平黌(しょうへいこう)で佐藤一斎にまなぶ。詩文にすぐれた。弘化(こうか)2年8月5日死去。29歳。名は信兆。通称は太郎。号は芝陵(しりょう)。著作に「芝陵遺稿」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳沢伯民の関連キーワードモンロー妙心紀行文学高良斎沢村田之助西川扇蔵西川扇蔵田川鳳朗沢村田之助富本節

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone