コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳田清雄 やなぎだ すがお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳田清雄 やなぎだ-すがお

1844-1879 江戸後期-明治時代の人。
弘化(こうか)元年生まれ。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)の住人。おさなくして失明渡辺重石丸(いかりまろ)にまなぶ。明治10年友人増田宋太郎らが西南戦争に際して中津隊として蜂起したとき「新政党別軍」名の檄文を作成したという。明治12年8月8日死去。36歳。通称は栄之助,のち六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳田清雄の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android