コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴岡晋 しばおか すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴岡晋 しばおか-すすむ

1848-1923 明治-大正時代の官吏,実業家。
嘉永(かえい)元年11月25日生まれ。宮崎県都城警察署長,鹿児島県郡長などを歴任し,退官後宮崎に転居。明治39年大和田伝蔵らと日向(ひゅうが)水力電気を設立し,清武町黒北に発電所を建設。翌年営業を開始し,宮崎町にはじめて電灯をともした。大正12年9月29日死去。76歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴岡晋の関連キーワード大正時代実業家嘉永官吏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android