コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田中務 しばた ちゅうむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田中務 しばた-ちゅうむ

?-1868 幕末の武士。
陸奥(むつ)仙台藩士。柴田郡船岡領主。戊辰(ぼしん)戦争では大隊長として磐城(いわき)口でたたかう。仙台藩が降伏したのち,同地方で禁鳥とされていた白鳥を捕獲した新政府軍の広島藩士に家臣発砲藩主に罪がおよぶことをおそれ,明治元年11月4日自刃(じじん)。名は意広。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田中務の関連キーワード陸奥

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android