コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田勝久 しばた かつひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田勝久 しばた-かつひさ

1568-1583 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)11年生まれ。柴田勝家の妹の子,養子(実子ともいう)。賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで,敵地に深入りした佐久間盛政(もりまさ)をさとすために勝家に派遣される。羽柴(豊臣)秀吉軍の反撃にあって捕らえられ,天正(てんしょう)11年5月12日斬られた。16歳。通称は権六。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田勝久の関連キーワード永禄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android