コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田外記 しばた げき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田外記 しばた-げき

1609-1671 江戸時代前期の武士。
慶長14年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩奉行(家老)。伊達宗勝(むねかつ),原田甲斐(かい)らの非を伊達宗重が幕府にうったえて,大老酒井忠清(ただきよ)邸で対決した際,宗重を殺害した甲斐を討つ(伊達騒動)が,自分も重傷を負い寛文11年3月27日死去。63歳。本姓は佐竹。名は朝親(ともちか),のち朝意(とももと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田外記の関連キーワード横山謙益

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android