コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達宗重 だて むねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達宗重 だて-むねしげ

1615-1671 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)元年11月5日生まれ。陸奥(むつ)遠田郡(宮城県)涌谷(わくや)領主。幼少の陸奥仙台藩主伊達亀千代(綱村)後見役の伊達宗勝(むねかつ),家老原田甲斐(かい)の専横を幕府にうったえ,寛文11年3月27日大老酒井忠清(ただきよ)邸で対決した甲斐に刺殺された(伊達騒動)。57歳。通称は安芸(あき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達宗重の関連キーワード涌谷[町]蜂屋可広柴田外記伊達安芸元和石水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android