コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田家門 しばた かもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田家門 しばた-かもん

1863*-1919 明治-大正時代の官僚,政治家。
文久2年12月18日生まれ。内閣書記官,法制局参事官,内務省地方局長などを歴任。第1次・第2次桂内閣の内閣書記官長となる。明治36年貴族院議員。のち拓殖局総裁,第3次桂内閣の文相をつとめた。大正8年8月25日死去。58歳。長門(ながと)(山口県)出身。帝国大学卒。号は岑堂(しんどう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田家門の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android