コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿沼広身 かきぬま ひろみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿沼広身 かきぬま-ひろみ

1827-1893 幕末-明治時代の神職。
文政10年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)鹿沼の今宮神社の神主で平田篤胤(あつたね)の門人。維新時に有志と江戸城内紅葉山に集結し,新政府軍の東征大総督有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと)親王を警護した。のち栃木県中属,二荒山神社宮司をへて中学講師となる。明治26年9月29日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柿沼広身の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android