コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄名井広聡 さかない ひろとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄名井広聡 さかない-ひろとし

1733-1814 江戸時代中期-後期の神職。
享保(きょうほう)18年5月5日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)美和神社の神主。加賀美光章(かがみ-みつあき)にまなぶ。仏教を批判したため,仏敵先生とよばれた。晩年みずからの学問を士明派と称した。天明2年徳川家の連歌衆にくわえられた。文化11年11月16日死去。82歳。本姓は真壁。初名は広俊。通称は中務,聡翁士明。著作に「神道指要」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栄名井広聡の関連キーワードブルボン朝ポーランド史葛飾北斎天野信景アウグスト[2世]塩尻奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone