コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原イネ くりはら イネ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原イネ くりはら-イネ

1852-1922 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)5年3月5日生まれ。3度めの夫と上京,無一文から賃機(ちんばた)で双子縞(ふたこじま)をおりはじめ,明治17年栗原稲工場(栗原紡織,大同毛織をへて現ダイドーリミテッド)を設立。18年離婚。女手ひとつで趣向をこらした織物をつくり事業を発展させた。大正11年1月31日死去。71歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栗原イネ

没年:大正11.1.31(1922)
生年:嘉永5.3.5(1852.4.23)
明治期の実業家。下野国(栃木県)安蘇郡植野村で農業のかたわら反物・荒物商を営んだ栗原和市とウタの長女。父の事業の失敗で幼少より機織りなどして生計を助ける。3度目の夫加藤庄平と,先夫の子幸八とで上京。無一文から賃機をはじめ,明治17(1884)年,33歳のとき織機7台,織り子数人で,栗原稲工場(のち大同毛織,現ダイドーリミテッドの母体)を設立。翌18年離婚。女手ひとつで仕事に打ち込み「巴御前」「機の神様」などの異名を持ち,染色や織物に創意工夫をし,斬新な織物を作って事業を拡張した。町工場が中小企業となり大企業へと発展する過程は,日本近代工業発達史そのものである。<参考文献>大同毛織資料室編『糸ひとすじに』

(山内陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

栗原イネの関連キーワード栗原 幸八栗原ウメ栗原幸八大正時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android