コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原イネ くりはら イネ

2件 の用語解説(栗原イネの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原イネ くりはら-イネ

1852-1922 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)5年3月5日生まれ。3度めの夫と上京,無一文から賃機(ちんばた)で双子縞(ふたこじま)をおりはじめ,明治17年栗原稲工場(栗原紡織,大同毛織をへて現ダイドーリミテッド)を設立。18年離婚。女手ひとつで趣向をこらした織物をつくり事業を発展させた。大正11年1月31日死去。71歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗原イネ

没年:大正11.1.31(1922)
生年:嘉永5.3.5(1852.4.23)
明治期の実業家。下野国(栃木県)安蘇郡植野村で農業のかたわら反物・荒物商を営んだ栗原和市とウタの長女。父の事業の失敗で幼少より機織りなどして生計を助ける。3度目の夫加藤庄平と,先夫の子幸八とで上京。無一文から賃機をはじめ,明治17(1884)年,33歳のとき織機7台,織り子数人で,栗原稲工場(のち大同毛織,現ダイドーリミテッドの母体)を設立。翌18年離婚。女手ひとつで仕事に打ち込み「巴御前」「機の神様」などの異名を持ち,染色や織物に創意工夫をし,斬新な織物を作って事業を拡張した。町工場が中小企業となり大企業へと発展する過程は,日本近代工業発達史そのものである。<参考文献>大同毛織資料室編『糸ひとすじに』

(山内陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗原イネの関連キーワード天明釜卜部家光卜部助光占部高信卜部春久鈴木要三高橋元四郎智玄野沢泰次郎矢板武

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone