コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原信充 くりはら のぶみつ

4件 の用語解説(栗原信充の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

栗原信充

姓源、号柳庵、孫之丞と称し晩年薙髪して又楽といふ。幕府の家人にて、父は上野国利根郡の人、明治3年(1870)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原信充 くりはら-のぶみつ

1794-1870 江戸時代後期の有職(ゆうそく)家。
寛政6年7月20日生まれ。柴野栗山(りつざん)に儒学を,平田篤胤(あつたね)に国学を,屋代弘賢(ひろかた)に有職故実をまなぶ。弘賢の「古今要覧」の編集をたすけ,「武器袖鏡」「刀剣図考」など武家故実に関する著作もおおい。明治3年10月28日死去。77歳。江戸出身。字(あざな)は伯任。通称は孫之丞。号は柳庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗原信充

没年:明治3.10.28(1870.11.21)
生年:寛政6.7.20(1794.8.15)
江戸後期の故実家。幼名,陽太郎。字,伯任。通称は孫之丞。号は柳庵。甲斐源氏であることから晩年は武田姓を名乗る。江戸幕府の奥御右筆を務めた父和恒の関係で,父の同僚屋代弘賢と弘賢の知己平田篤胤から国学を,柴野栗山から儒学を学んだ。幼少より弘賢の不忍文庫の膨大な蔵書の閲覧を許され,成人後は弘賢が幕命により編纂していた『古今要覧』の調査に加わるなど,広く知識を得る環境に恵まれた。全国を巡って資料を訪ね諸家と交わる調査によって,実見によって文物を理解する学を旨とした。のち弘賢の病死により『古今要覧』の製作は中止,それまでの蓄積は自著という形で世に出した。特に力を注いだ武具,馬具類に関する著作『甲冑図式』『刀剣図式』『弓箭図式』『武器袖鏡』『兵家紀聞』『装剣備考』などは幕末武士の教養書として重用された。<参考文献>上田淑子「文学遺跡巡礼」(『学苑』9巻1号)

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くりはらのぶみつ【栗原信充】

1794‐1870(寛政6‐明治3)
江戸後期の故実家。通称は孫之丞。字は伯任。柳葊,柳闇,又楽と号する。幕府御家人の出身で,江戸駿河台に生まれた。柴野栗山および屋代弘賢に学ぶ。弘賢の《古今要覧》編集に従事,のち自宅で故実の教授にあたる。武家故実に詳しく,1864年(元治1)島津久光に招かれ薩摩に赴いた。のち京都に住み,栂尾高山寺に葬られた。著書《柳菴随筆》《柳菴雑筆》《先進繡像玉石雑誌》《鞍鐙新書》《鏨工譜略》《弓箭図式》《甲冑図式》《官位令講義》《軍防令講義》《職原抄私記》など多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗原信充の関連キーワード西村正邦本阿彌親平雲谷等村桃華蘂葉故実家輿車図考裏松固禅前賢故実本多忠憲松岡行義

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone