コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本可大 くりのもと かだい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗本可大 くりのもと-かだい

1807-1862 江戸時代後期の俳人。
文化4年生まれ。三河(愛知県)の鶴田卓池(たくち)にまなび,三河,遠江(とおとうみ)(静岡県)に滞在。摂津須磨(兵庫県)にうつったのち,中谷梧庵(なかや-ごあん)から栗本の俳系をつぎ,播磨(はりま)(兵庫県)加古川の幽松庵にすんだ。文久2年1月20日死去。56歳。陸奥(むつ)福島出身。別号夢庵,時雨庵など。編著に「よしのかこ」「やまなかしう」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗本可大の関連キーワード可大俳人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android