コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本可大 くりのもと かだい

1件 の用語解説(栗本可大の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗本可大 くりのもと-かだい

1807-1862 江戸時代後期の俳人。
文化4年生まれ。三河(愛知県)の鶴田卓池(たくち)にまなび,三河,遠江(とおとうみ)(静岡県)に滞在。摂津須磨(兵庫県)にうつったのち,中谷梧庵(なかや-ごあん)から栗本の俳系をつぎ,播磨(はりま)(兵庫県)加古川の幽松庵にすんだ。文久2年1月20日死去。56歳。陸奥(むつ)福島出身。別号に夢庵,時雨庵など。編著に「よしのかこ」「やまなかしう」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗本可大の関連キーワード株式会社サイゴン条約黒住教並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト休明光記鷹司輔煕和気亀亭(4代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone