コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本可大 くりのもと かだい

1件 の用語解説(栗本可大の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗本可大 くりのもと-かだい

1807-1862 江戸時代後期の俳人。
文化4年生まれ。三河(愛知県)の鶴田卓池(たくち)にまなび,三河,遠江(とおとうみ)(静岡県)に滞在。摂津須磨(兵庫県)にうつったのち,中谷梧庵(なかや-ごあん)から栗本の俳系をつぎ,播磨(はりま)(兵庫県)加古川の幽松庵にすんだ。文久2年1月20日死去。56歳。陸奥(むつ)福島出身。別号に夢庵,時雨庵など。編著に「よしのかこ」「やまなかしう」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗本可大の関連キーワード羅城石出烏旭逸山空二壺半坂上竹烟大練舎長隠(1)三上千羅山口郁賀

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone