コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田卓池 つるだ たくち

2件 の用語解説(鶴田卓池の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鶴田卓池

江戸後期の俳人。三河生。通称は与左衛門、藍叟・青々処と号する。紺屋業を生業とする。俳諧を初め加藤暁台、のち井上士朗に学ぶ。岡崎正風を鼓吹、また画も能くする。弘化3年(1846)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田卓池 つるだ-たくち

1768-1846 江戸時代後期の俳人。
明和5年8月15日生まれ。郷里の三河(愛知県)岡崎で紺屋をいとなむ。加藤暁台(きょうたい),井上士朗にまなぶ。弘化(こうか)3年8月11日死去。79歳。名は光貞。通称は与三右衛門。別号に藍叟,青々処,柏声舎。編著に「橋日記」「弥生日記」「燕岡(えんこう)集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鶴田卓池の関連キーワード夜来石出烏旭逸山空二壺半双竹大練舎長隠(1)月守不染

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone