コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗杖亭鬼卵 りつじょうてい きらん

2件 の用語解説(栗杖亭鬼卵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗杖亭鬼卵 りつじょうてい-きらん

1744-1823 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
延享元年生まれ。もと武士。絵画,狂歌,連歌,俳諧(はいかい)をたしなみ,諸国を遍歴。寛政の末ごろ遠江(とおとうみ)日坂(静岡県掛川市)でたばこ屋をいとなみ,絵師,読み本作者として知られた。文政6年2月23日死去。80歳。河内(かわち)(大阪府)出身。別名に平昌房,伊奈文吾,大須賀周蔵。著作に「長柄長者黄鳥墳(ながらちょうじゃうぐいすづか)」「東海道人物志」など。
【格言など】世の中の人とたばこのよしあしは煙となりて後にこそしれ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗杖亭鬼卵

没年:文政6.2.23(1823.4.4)
生年:延享1(1744)
江戸時代の戯作者。本名は伊奈文吾,のちに改めて大須賀周蔵など。河内国(大阪府)茨田郡佐太村に生まれ,永井侯の陣屋に勤める下級武士だったが,その傍ら絵画,連歌,狂歌,俳諧に遊ぶ。一時は香川景樹門で和歌も学んだ。安永3(1774)年,俳書『佐太のわたり』を出版。その後,大坂から安永8(1779)年には三河国(愛知県)吉田に移り,寛政3~6(1791~94)年には,伊豆韮山代官江川家の手代として三島に住む。その後官を辞して駿府に移り,寛政末ごろからは遠江国(静岡県)日坂に住み,煙草屋を営む。文化4(1807)年,読本の処女作『蟹猿奇談』を出版。その後晩年に二十余冊の読本を著した。<参考文献>岸得蔵『仮名草子と西鶴』,横山邦治『読本の研究』

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗杖亭鬼卵の関連キーワード本阿彌親平戯作者伊奈長三(3代)大江文坡椒芽田楽黒鳶式部高麗井市二三彩霞園柳香宝田千町吉田文吾(2代)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone