栗田工業[株](読み)くりたこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

栗田工業[株]【くりたこうぎょう】

伊藤忠商事系の水処理関連メーカー。1949年元海軍技術将校・栗田春生が,軍艦のボイラー管理技術の民生化を目的として神戸に栗田工業を設立。技術開発を重視し,ボイラー洗浄や産業排水処理・環境衛生施設分野で確固たる地位を築く。1965年経営基盤の強化と販売力の充実を目的に,伊藤忠商事と業務・資本提携を結ぶ。地球環境保全に取り組み,土壌浄化事業に進出。水と環境に関わるトータルソリューションサービスの充実を目指す。本社東京。2011年資本金134億円,2011年3月期売上高1812億円。売上構成(%)は,水処理薬品31,水処理装置69。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android