伊藤忠商事[株](読み)いとうちゅうしょうじ

百科事典マイペディアの解説

伊藤忠商事[株]【いとうちゅうしょうじ】

第一勧業銀行系の中核総合商社。1858年初代伊藤忠兵衛〔1842-1903〕が卸売業を創業。1914年伊藤忠(合名)を創設。1918年旧伊藤忠商事伊藤忠商店(のちの丸紅商店)に分割,この2社は現在の伊藤忠と丸紅の母体となる。1941年旧伊藤忠商事・丸紅商店・岸本商店が合併し,三興に改称。1944年呉羽紡績・大同紡績を合併し,大建産業に改称。1949年過度経済力集中排除法により,伊藤忠商事・丸紅・呉羽紡績(のち東洋紡績に吸収)・尼崎製釘所(現アマティ)に分割。高度経済成長の過程で繊維中心からの脱皮を図り,総合商社化。1977年経営危機に陥った安宅産業を吸収合併し,鉄鋼・化学分野を強化した。その後,1998年にはファミリーマートの株を取得し,2000年には西武百貨店と吉野屋に資本参加。さらに2001年には伊藤忠丸紅鉄鋼を設立するなど新しい動きを示している。本社大阪。2011年資本金2022億円,2011年3月期売上高11兆3925億円。売上構成(%)は,繊維5,機械7,情報・航空5,金属・エネルギー34,資材・化学18,食料27,金融他3。
→関連項目栗田工業[株]総合商社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとうちゅうしょうじ【伊藤忠商事[株]】

総合商社。一勧(第一勧業銀行)グループの中核商社。本社大阪。創業は1858年(安政5)近江出身の初代伊藤忠兵衛(1842‐1903)が半農半商の家業を兄である6代長兵衛と共同経営していたことから離れ,伏見,大阪などへ行商したのに始まる。忠兵衛はその後大阪,京都へ進出し,呉服太物商,染呉服卸,綿糸織物卸などを開業した。初代没後,次男2代目忠兵衛に引き継がれ,1914年伊藤忠合名会社となり,18年には綿糸布取引と一般輸出入を営む伊藤忠商事(株)と呉服反物,洋反物,京呉服を取り扱う(株)伊藤忠商店に分割された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の伊藤忠商事[株]の言及

【丸紅[株]】より

…本社大阪市中央区。1858年(安政5)近江出身の初代伊藤忠兵衛による行商が丸紅の創業とされており,もとをたどればライバル伊藤忠商事とは兄弟会社である。初代忠兵衛の事業は発展拡大し,1914年伊藤忠合名会社となり,18年には呉服反物,洋反物,京呉服を取り扱う(株)伊藤忠商店と綿糸布取引や輸出入を営む伊藤忠商事(株)とに分かれた。…

※「伊藤忠商事[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android