コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗隈 くりくま

百科事典マイペディアの解説

栗隈【くりくま】

山城国久世(くせ)郡の古代地名(郷名)で,現京都府宇治市の大久保・広野一帯をさした。《日本書紀仁徳天皇12年10月条に〈大溝(おおうなで)を山背(やましろ)の栗隈県(あがた)に掘りて田に潤く〉とみえ,ほぼ同様の記事が推古天皇15年条にも重出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くりくま【栗隈】

京都府南部の宇治市,城陽市周辺を指すと思われる古代地名。《日本書紀》には仁徳朝と推古朝に大溝が開削されたとある。また栗隈県の名も見られ,この地方の豪族が早くから大和朝廷の支配下に入って開発を担当したらしい。平安時代初期には遊猟地として栗隈(前)野の名が見え,以後も付近一帯の丘陵の栗駒山が戦乱での争奪対象地としてしばしば文献に記されている。いま宇治市の神明神社は栗子天神とも呼ばれ,古代栗隈の故地であろうと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

栗隈の関連キーワード狂言現行曲一覧水主内親王朱雀天皇橘諸兄讃岐国美濃王橘佐為三野王黒媛娘大宰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android