コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗隈 くりくま

2件 の用語解説(栗隈の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

栗隈【くりくま】

山城国久世(くせ)郡の古代地名(郷名)で,現京都府宇治市の大久保・広野一帯をさした。《日本書紀仁徳天皇12年10月条に〈大溝(おおうなで)を山背(やましろ)の栗隈県(あがた)に掘りて田に潤く〉とみえ,ほぼ同様の記事が推古天皇15年条にも重出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くりくま【栗隈】

京都府南部の宇治市,城陽市周辺を指すと思われる古代地名。《日本書紀》には仁徳朝と推古朝に大溝が開削されたとある。また栗隈県の名も見られ,この地方の豪族が早くから大和朝廷の支配下に入って開発を担当したらしい。平安時代初期には遊猟地として栗隈(前)野の名が見え,以後も付近一帯の丘陵の栗駒山が戦乱での争奪対象地としてしばしば文献に記されている。いま宇治市の神明神社は栗子天神とも呼ばれ,古代栗隈の故地であろうと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗隈の関連キーワード宇治市宇治京都盆地城陽市宇治人形笠取山木幡城陽向日喜撰岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone