コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校勘学 コウカンガク

大辞林 第三版の解説

こうかんがく【校勘学】

数種の異本を対照・比較して、正確な原本の姿を求めようとする学問。考証学の方法の一。中国、清代に盛んになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の校勘学の言及

【考証学】より

…また古典には,印刷や流伝の過程で誤脱を生じ,解読が困難になっているものがある。これを正すために校勘学が発展し,古典のテキストの考証と復元が行われた。この校勘は,儒教以外の諸子にも及び,諸子学研究の端緒を開いた。…

※「校勘学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android