コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核分裂性核種 かくぶんれつせいかくしゅfissile nuclide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核分裂性核種
かくぶんれつせいかくしゅ
fissile nuclide

熱中性子で核分裂を起こす核種で,親物質核に対して使われるのが一般的だが,日本の原子力関係法規では,核分裂性物質との区分が明確ではない。天然ウラン 235のほか,人工的につくるプルトニウム 239,ウラン 233などが狭義の核分裂性核種とされるが,高速中性子で核分裂を起こしうる fissionable nuclideと呼ばれる核種も核分裂性核種と訳されることが多い。入射中性子のエネルギーが 20MeV (メガ電子ボルト) 以下と広く考えるとウラン 238,トリウム 232も含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の核分裂性核種の言及

【原子炉】より

… 核分裂とは,重い原子核が質量のあまり違わない二つの原子核に分裂する現象である。熱中性子を吸収したときに核分裂する確率が大きい原子核を核分裂性核種と呼ぶ。原子炉ではウラン235 235U,ウラン233 233U,プルトニウム239 239Puなどの核分裂性核種が使用される。…

※「核分裂性核種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

核分裂性核種の関連キーワードプルトニウム・リサイクルプルトニウム239特殊核分裂性物質核分裂生成物ウラン濃縮減速材富化度

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android