コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核分裂性核種 かくぶんれつせいかくしゅ fissile nuclide

2件 の用語解説(核分裂性核種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核分裂性核種
かくぶんれつせいかくしゅ
fissile nuclide

中性子核分裂を起こす核種で,親物質核に対して使われるのが一般的だが,日本の原子力関係法規では,核分裂性物質との区分が明確ではない。天然ウラン 235のほか,人工的につくるプルトニウム 239,ウラン 233などが狭義の核分裂性核種とされるが,高速中性子で核分裂を起こしうる fissionable nuclideと呼ばれる核種も核分裂性核種と訳されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくぶんれつせい‐かくしゅ【核分裂性核種】

自発核分裂、または中性子(特に熱中性子)の衝突によって核分裂する核種の総称。ウラン235、プルトニウム239などが知られ、核燃料に利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の核分裂性核種の言及

【原子炉】より

… 核分裂とは,重い原子核が質量のあまり違わない二つの原子核に分裂する現象である。熱中性子を吸収したときに核分裂する確率が大きい原子核を核分裂性核種と呼ぶ。原子炉ではウラン235 235U,ウラン233 233U,プルトニウム239 239Puなどの核分裂性核種が使用される。…

※「核分裂性核種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

核分裂性核種の関連キーワード核分裂連鎖反応減速材即発中性子遅発中性子熱中性子炉高速中性子転換核分裂性物質核分裂と放射性物質核分裂中性子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone