コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根伏せ ねぶせ

盆栽用語集の解説

根伏せ

挿し木法の一つで、挿し穂に根を用いるもの。植え替えなどの際に出る不要根の、模様の良い部分を5〜6cm切って、少しだけ頭を出して土中に埋める。おもしろい模様ができるので、特に小品盆栽の素材作りには最適。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

リフォーム用語集の解説

根伏せ

園芸用語。挿し木法の一つで、挿し穂に根を用いるもの。植え替えなどの際に出る不要根の、模様の良い部分を5~6・切って、少しだけ頭を出して土中に埋める。小品盆栽の素材作りに用いられる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根伏せ
ねぶせ

不定芽をもった根を土中に伏せ込んで、芽を出させる栄養繁殖の一種。一名根挿しともいう。おもに宿根草類に利用されるが、花木類でも不定芽を再生しやすいものには用いられる。[堀 保男]

方法

宿根草類(アカンサス、ルリギク、ニホンサクラソウなど)では、地上部が生育を停止している早春か、春の芽の出るころに、太根を5センチメートル内外に切断し、赤玉土、川砂など病害虫のない用土に斜めまたは横に並べ、1センチメートル程度覆土して、乾燥、過湿にならないように管理する。発芽して本葉2、3枚のころに鉢上げする。花木(サツマフジ、ノウゼンカズラ、デイコなど)では太根を20~30センチメートルに切断し、肥料分の少ない通気性・排水のよい畑地に斜めに伏せ込み、3~5センチメートル覆土しておく。発芽したものは1年間そのまま肥培管理する。特異な例としては、畑地の雑草であるヒルガオ、スギナ、ヤブカラシなどが、耕うん時の切断で自然の根伏せ状態となり駆除に困ることがある。[堀 保男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

根伏せの関連キーワードストケシアオニゲシ挿木キリ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android