コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根岸寛一 ねぎし かんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸寛一 ねぎし-かんいち

1894-1963 昭和時代の映画プロデューサー。
明治27年11月1日生まれ。東京浅草の興行界で活躍ののち,昭和10年日活多摩川撮影所の所長となり,「人生劇場」「路傍の石」「土」などを製作。戦後,日本映画社社長として原爆の記録映画を製作したが,アメリカ軍に接収された。昭和38年4月28日死去。68歳。茨城県出身。早大卒。旧姓立花

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の根岸寛一の言及

【日本映画】より

…そして31年,東亜キネマは東活映画社となって等持院で映画製作をつづけたものの,32年に解散,等持院撮影所は消滅した。この間,牧野省三は1925年,根岸寛一,直木三十五らの設立した聯合映画芸術家協会に参加したのを機に,東亜キネマから独立,京都御室天授ヶ丘に新スタジオを建ててマキノプロダクションを興し,ふたたび映画製作に乗り出して,やがて名古屋道徳の東海撮影所をマキノ中部撮影所とするに至った(1927)。だが,牧野省三の死(1929)以後,マキノ映画の勢いは衰え,32年,御室撮影所が全焼,その跡地に建てられたバラックに新会社・正映マキノが生まれたが,数ヵ月で解散し,御室撮影所はその後,東活映画社の後身・宝塚キネマに使われたのち,34年に崩壊した。…

※「根岸寛一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根岸寛一の関連キーワード日活(株)高田 保昭和時代原節子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android