コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼氓 ソウボウ

5件 の用語解説(蒼氓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぼう〔サウバウ〕【××氓】

民(たみ)。人民。蒼生(そうせい)。
[補説]書名別項。→蒼氓

そうぼう【蒼氓】[書名]

石川達三長編小説ブラジル移民を主題とする三部作の第一部として、昭和10年(1935)に発表。同年、第1回芥川賞受賞。第二部「南海航路」および第三部「声無き民」は昭和14年(1939)に発表された。昭和12年(1937)映画化、昭和35年(1960)テレビドラマ化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうぼう【蒼氓】

人民。国民。蒼生。

そうぼう【蒼氓】

長編小説。石川達三作。1935年(昭和10)同人雑誌「星座」に第一部を発表。第一回芥川賞受賞。39年合冊刊行。1930年頃のブラジル移民団の悲惨な実態を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼氓
そうぼう

石川達三の中編小説。第一部『蒼氓』(『星座』第1号、1935年〈昭和10〉4月刊に発表)。第二部『南海航路』(1939)、第三部『声無き民』(1939)をあわせて『蒼氓』として39年8月、新潮社刊。秋田県出身の貧農の娘が、母と弟のために恋愛をあきらめブラジル移民となってゆく姿を中心に、ロンドン軍縮会議の進行や、大臣の連座する疑獄事件などを背景に描き込んでいる。第一部は神戸の移民収容所風景で、第1回芥川(あくたがわ)賞を受けたのはその部分で、『文芸春秋』9月号に転載された。同年10月に改造社から刊行された短編集『蒼氓』には、その第一部と、他の短編三編が収められている。[久保田正文]
『『蒼氓』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒼氓の関連キーワード石川達三中編小説長編小説クタスケスリスションジルティーターン倒錯の死角/201号室の女倒錯のロンド火の山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒼氓の関連情報