蒼氓(読み)ソウボウ

デジタル大辞泉 「蒼氓」の意味・読み・例文・類語

そう‐ぼう〔サウバウ〕【××氓】

たみ人民蒼生そうせい
[補説]書名別項。→蒼氓
[類語]国民人民公民市民万民ばんみん四民臣民同胞国人くにびと国民くにたみたみ民草たみくさ億兆おくちょう蒼生そうせい赤子

そうぼう【蒼氓】[書名]

石川達三長編小説ブラジル移民主題とする三部作第一部として、昭和10年(1935)に発表同年、第1回芥川賞受賞。第二部「南海航路」および第三部「声無き民」は昭和14年(1939)に発表された。昭和12年(1937)映画化、昭和35年(1960)テレビドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「蒼氓」の意味・読み・例文・類語

そう‐ぼう サウバウ【蒼氓】

〘名〙 (「氓」は民、移住民の意) たみ。人民。蒼生(そうせい)
※蒼氓(1935‐39)〈石川達三〉「第一部 蒼氓」 〔羅隠‐婆留井銘〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「蒼氓」の意味・わかりやすい解説

蒼氓
そうぼう

石川達三の中編小説。第一部『蒼氓』(『星座』第1号、1935年〈昭和10〉4月刊に発表)。第二部『南海航路』(1939)、第三部『声無き民』(1939)をあわせて『蒼氓』として39年8月、新潮社刊。秋田県出身の貧農の娘が、母と弟のために恋愛をあきらめブラジル移民となってゆく姿を中心に、ロンドン軍縮会議進行や、大臣の連座する疑獄事件などを背景に描き込んでいる。第一部は神戸の移民収容所風景で、第1回芥川(あくたがわ)賞を受けたのはその部分で、『文芸春秋』9月号に転載された。同年10月に改造社から刊行された短編集『蒼氓』には、その第一部と、他の短編三編が収められている。

久保田正文

『『蒼氓』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通 「蒼氓」の読み・字形・画数・意味

【蒼氓】そうぼう

蒼生。

字通「蒼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android