コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼氓 ソウボウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぼう〔サウバウ〕【××氓】

民(たみ)。人民蒼生(そうせい)。
[補説]書名別項。→蒼氓

そうぼう【蒼氓】[書名]

石川達三長編小説ブラジル移民主題とする三部作の第一部として、昭和10年(1935)に発表。同年、第1回芥川賞受賞。第二部「南海航路」および第三部「声無き民」は昭和14年(1939)に発表された。昭和12年(1937)映画化、昭和35年(1960)テレビドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうぼう【蒼氓】

人民。国民。蒼生。

そうぼう【蒼氓】

長編小説。石川達三作。1935年(昭和10)同人雑誌「星座」に第一部を発表。第一回芥川賞受賞。39年合冊刊行。1930年頃のブラジル移民団の悲惨な実態を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼氓
そうぼう

石川達三の中編小説。第一部『氓』(『星座』第1号、1935年〈昭和10〉4月刊に発表)。第二部『南海航路』(1939)、第三部『声無き民』(1939)をあわせて『蒼氓』として39年8月、新潮社刊。秋田県出身の貧農の娘が、母と弟のために恋愛をあきらめブラジル移民となってゆく姿を中心に、ロンドン軍縮会議の進行や、大臣の連座する疑獄事件などを背景に描き込んでいる。第一部は神戸の移民収容所風景で、第1回芥川(あくたがわ)賞を受けたのはその部分で、『文芸春秋』9月号に転載された。同年10月に改造社から刊行された短編集『蒼氓』には、その第一部と、他の短編三編が収められている。[久保田正文]
『『蒼氓』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒼氓の関連キーワード高橋 大造根岸 寛一伊沢 一郎石川 達三久保田正文熊谷 久虎黒沼 百恵熊谷久虎同人雑誌高橋大造高橋幸春黒沼百恵ぼやぼや安静国民忠良

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android