コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本幽峨 ねもと ゆうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本幽峨 ねもと-ゆうが

1824-1866 江戸時代後期の画家。
文政7年生まれ。生家は因幡(いなば)鳥取の商家。江戸で沖一峨(いちが)に狩野(かのう)派の画法をまなぶ。帰郷後,鳥取藩の絵師となった。慶応2年11月11日死去。43歳。作品に「楼閣山水図」「耕作図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根本幽峨の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争ルイマクドナルドマクレー浅田育輝ビルマ戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android