根本領主(読み)こんぽんりょうしゅ

精選版 日本国語大辞典「根本領主」の解説

こんぽん‐りょうしゅ ‥リャウシュ【根本領主】

〘名〙 中世、荘園制で未開地を開発して領主となった者をいう。在地の有力者である彼らは所領を確保するために所領を中央の権門勢家に寄進し、預所・下司などの荘官となって在地における実質的な領主権を留保することが多かった。その所領を根本私領・開発私領などと呼び、また、彼らの子孫も根本領主と呼ばれた。
※東寺百合文書‐そ・長寛二年(1164)一二月二七日・中原親貞解「件預所職相伝由来者、根本領主沙彌寿妙也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の根本領主の言及

【武士】より

…また一般農民の小規模な開発による百姓治田も盛んに生まれたが,多くは買収その他の手段で有力豪族のもとに集積された。こうした有力な在地豪族は開発私領を中核として支配を拡大し,在地領主化し,開発領主,根本領主と呼ばれた。彼らはその開発所領を保(ほ)あるいは別符名(べつぷみよう)として国衙からその領有を認められ,また一方では国衙の在庁官人としての地位を保有して国衙権力につながっていたが,その実力を蓄え所領を自衛するために武力を養う必要があった。…

※「根本領主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android