コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権門勢家 けんもんせいか

百科事典マイペディアの解説

権門勢家【けんもんせいか】

権勢のある門閥や家柄の意。〈けんもんせいけ〉とも読む。日本史上では,平安時代9世紀末頃から〈権門〉〈権貴〉〈多勢之家〉などの用例が増加し,いずれも諸院諸宮王臣家,五位以上をさす。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんもん‐せいか【権門勢家】

権力や勢力のある家柄。けんもんせいけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんもんせいか【権門勢家】

権勢のある門閥や家柄。権門も勢家(〈せいけ〉とも読む)も《後漢書》など中国の古典にみえる語であるが,日本では,いずれも同じ意味で,または権門勢家と熟して,平安前期から室町時代まで,権勢ある貴族が政治的,社会的に特権を誇示している状態を指す語として,法令にも文芸にも用いられた。江戸時代には,権力ある役人あるいはそれへの奉仕,接待,賄賂などの意に用いられた。【黒田 俊雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報