コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根魚 ネウオ

5件 の用語解説(根魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね‐うお〔‐うを〕【根魚】

岩礁や瀬などにすみ、遠くへ移動しない魚。カサゴアイナメアカハタなど。根付き魚。ねざかな。

ね‐ざかな【根魚】

ねうお

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねうお【根魚】

岩礁の間または海藻の茂みにすみ、他所へ移動しない魚。アイナメ・カサゴ・メバルなど。根付き魚。ねざかな。

ねざかな【根魚】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根魚
ねうお

岩場や瀬について定住的な生活をする魚のこと。水産業や遊漁でよく用いられる語で、「ねざかな」「ロックフィッシュ」ともいう。カサゴ類、アイナメ類、ブダイ類、カワハギ類、ハタ類、イシダイクロダイなどがそれである。岩場や瀬はよい隠れ場所を提供するうえ、海藻類、貝類、エビ・カニ類など餌(えさ)が多いので魚類が定着しやすい。この現象を根付きとか瀬付きとかいい、それを対象とした漁業を磯根(いそね)漁業という。また、根魚釣りの愛好家もたくさんいる。さらに、カツオ、ブリ、マアジなども環境条件がよいと瀬付きになる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根魚の関連キーワード磯魚送り足払い空雀鯛遠ざける負笈蚤の口クヴィンケ効果一条九兵衛コートカバリング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根魚の関連情報