コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊漁 ゆうぎょ sport fishig

8件 の用語解説(遊漁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊漁
ゆうぎょ
sport fishig

漁業を職業としていない人が,営利に関係なくレジャーを目的に釣り,潜水,潮干狩りなどを行うこと。所得向上や余暇時間の増大により遊漁人口は年々増加しており,そのため漁場や漁港利用などをめぐって漁業者との間に摩擦が生じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐ぎょ〔イウ‐〕【遊漁】

娯楽として釣りや漁をすること。「遊漁料」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遊漁【ゆうぎょ】

漁業法の法律用語で,レジャーを目的に海・川・湖沼で魚や貝などを取ることをいい,レジャーフィッシングともいわれる。漁業法では,川や湖沼といった内水面における漁業権を漁場管理や稚魚放流の義務を負った漁業協同組合にのみ認め,非組合員である遊漁者には遊漁規定によって,一定の入漁料を組合に納めることが義務付けられている。
→関連項目釣り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

農林水産関係用語集の解説

遊漁

レジャーを目的として釣り等の方法により行う魚介類の採捕。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうぎょ【遊漁】

〈ゆうりょう〉と読むこともできるが,一般に〈ゆうぎょ〉という。遊漁とは,水面で魚や水産動物,貝など水界生物を採捕するレジャーである。遊漁の水面は,海面と河川・湖沼などの内水面に分かれる。遊漁の方法には,船釣り,磯釣り,突堤などでの陸(おか)釣りのほか,潮干狩り,地引網,簀(す)立てなど各種の観光漁業がある。海面遊漁人口は近年増加しているが,8割近くが釣りであり,潮干狩りが十数%を占める。遊漁船である釣船や渡し船(瀬渡し)には漁業者の漁船(漁業者の遊漁兼業)が多く,その所有漁船中約2割が遊漁客を乗せている,という水産庁の調査結果もある(〈漁家遊漁所得状況調査〉,1980)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうぎょ【遊漁】

職業としてではなく、楽しみとして釣りや漁りようをすること。 「 -料」 「 -船」

ゆうりょう【遊漁】

( 名 ) スル
漁をして楽しむこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊漁
ゆうぎょ

漁業を職業としない一般人が、釣りなどで魚貝類を採捕して楽しむことをいう。「ゆうりょう」とも読む。漁業を職業とすることを職漁(しょくりょう)というのに対することば。この場合、遊漁者から入漁料や傭船(ようせん)料を徴収して営む事業を観光漁業という。[吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊漁の関連キーワード訓読ぎなた読み秤量有職読み有料優良りょうりょう・じ無国籍料理無香料迸流

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊漁の関連情報