コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格率・格律 かくりつ

大辞林 第三版の解説

かくりつ【格率・格律】

行為や論理において、証明の必要がない基本的な命題。公理。準則。格言。カントの用法では各人の採用する主観的な行為の規則を意味し、普遍妥当的な道徳律と区別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

格率・格律の関連キーワードカント道徳律論理規則格言命題用法準則公理行為各人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android