コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳律 ドウトクリツ

3件 の用語解説(道徳律の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうとく‐りつ〔ダウトク‐〕【道徳律】

道徳法則

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうとくりつ【道徳律】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道徳律
どうとくりつ
moral law英語
moralisches Gesetzドイツ語
loi moraleフランス語

道徳法則と同義。行為の道徳的基礎であり規範であって、その限りで道徳的原理と実質的に変わらない。ただし、道徳律が何に由来するのか、にはさまざまの考え方があり、したがってその内容はそれぞれにおいて異なる。たとえばモーセの十戒は神によって与えられたものであり、道徳感覚説によれば、一種の特別な感覚がこれを与える。しかし、道徳的原理を法則という形でとらえたのはカントである。法則とよぶのは、それが自然法則同様に普遍妥当的であらねばならぬと考えたからで、ここから、道徳法則のよってきたる根源を、欲望や本能でなく、実践理性そのものであると考えたのである。ただ人間は不完全な存在であるがゆえに、道徳律は彼にとって命令という形で現れる。それは定言的命令であって絶対であるが、普遍妥当性を根拠とするがゆえに形式主義的側面を免れず、カントを受け継ぐ人たちも、具体的内容をこれに与えるべく苦心を重ねた、といえる。[武村泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道徳律の関連キーワード必然性自律適法性道徳性道徳哲学道徳法則格率傾向性道徳科学認識理由

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道徳律の関連情報