桂 万光(2代目)(読み)カツラ マンコウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
落語家

本名
上村 亀之助

別名
前名=桂 都治

生年月日
天保12年

出生地
大坂・安堂寺町(大阪府)

経歴
刀屋・堀江屋与助の二男。明治維新時の刀屋の廃業に伴い、北の新地で九八の名で幇間をしていたが、明治9年36歳で落語家に転じ桂文都に入門、桂都治を名乗る。のち2代目桂文枝門下となって2代目桂万光を襲名。派手な人気こそなかったが、巧みな話術で通の客を堪能させた。幇間の経験を生かした「死人茶屋」「桜の宮」「背虫の住吉詣」などを得意とし、桂派第二流の重鎮として活躍。38年4月6日法善寺の金沢亭と新町の瓢亭で「一休」を演じたのが最後の高座となった。

没年月日
明治38年 4月21日 (1905年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android