コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂井光実 かつらい みつざね

1件 の用語解説(桂井光実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂井光実 かつらい-みつざね

1652-1706 江戸時代前期の儒者。
承応元年生まれ。家は土佐高知の酒屋。黒岩慈庵にまなび博識で知られた。寛文12年郷士(ごうし)となったが,家僕を切り殺した罪で蟄居(ちっきょ),のちゆるされた。12歳からの日記の一部がのこされ,当時の富商の生活をつたえる。宝永3年5月26日死去。55歳。通称は新助,又三郎。号は東渓,素庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂井光実の関連キーワード承応カスパルイーブリン関口流錦文流根津表千家戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone