コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂井光実 かつらい みつざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂井光実 かつらい-みつざね

1652-1706 江戸時代前期の儒者。
承応元年生まれ。家は土佐高知の酒屋黒岩慈庵にまなび博識で知られた。寛文12年郷士(ごうし)となったが,家僕を切り殺した罪で蟄居(ちっきょ),のちゆるされた。12歳からの日記の一部がのこされ,当時の富商の生活をつたえる。宝永3年5月26日死去。55歳。通称は新助,又三郎。号は東渓,素庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂井光実の関連キーワード儒者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android