コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂堂香林 けいどう こうりん

1件 の用語解説(桂堂香林の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂堂香林 けいどう-こうりん

1629-1691 江戸時代前期の僧。
寛永6年生まれ。曹洞(そうとう)宗。伊予(いよ)(愛媛県)如法寺の盤珪永琢(ばんけい-ようたく)や鉄心道印らにまなび,玄谷宗覚の法をつぐ。摂津臨南寺(大阪府),肥前諫早(いさはや)(長崎県)天祐寺の住持となった。元禄(げんろく)4年3月7日死去。63歳。肥前小城郡(佐賀県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂堂香林の関連キーワード越後屋奈良派明正天皇女歌舞伎別子銅山抱え地厚顔抄嵯峨日記猿蓑雑談集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone