コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂山彩巌 かつらやま さいがん

1件 の用語解説(桂山彩巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂山彩巌 かつらやま-さいがん

1679-1749 江戸時代中期の儒者。
延宝7年生まれ。林鳳岡(ほうこう)にまなび,幕府の儒官となる。享保(きょうほう)19年(1734)書物奉行に任じられ,幕府蔵書の校合にあたった。また詩文にすぐれた。寛延2年3月23日死去。71歳。江戸出身。名は義樹。字(あざな)は君華。通称は三郎左衛門。別号に天水。著作に「琉球事略」,詩集に「彩巌詩集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂山彩巌の関連キーワード一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場竹前権兵衛信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)在日米軍の軍属

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone